学費払えない親に困った。退学?除籍?体験談と解決策




あなたは親が学費を払えないことで悩んでいませんか?
この悩みはが学費が払えないことで除籍と言うこともあるので放置はしておけない問題ですね。

今回はそんな問題を解決した方々の体験談をお送りしますね。

学費払えない親はゴミ?体験談1

質問

年間300万円の学費・生活費を払えない親はゴミですか?

回答

奨学金制度を使ってはいかがでしょうか。
成績優秀者になったら無利子などになる制度がありますよ。
そんな人間がこの世には腐るほどいます。
なので、親はゴミではない。ただの人間ですよ。
自分の努力不足を他人のせいにしていては先がないでしょう。

子供の学費を払えないなら親は黙ってろ?の体験談2

質問

親に奨学金についてとやかく言われる筋合いは無いですよね?親は学費を払えないと言いました。

毎月8万の奨学金で大学にいっています。
親がやたらと私の通帳を管理したがるのです。
親が私が奨学金で遊んでいると思っているらしく、通帳をよこせとうるさいです。
遊んでないのに。
子供に借金を負わせて平然としているくせに何なんでしょうか。

それでも親に通帳を渡すべきですか??

回答

あなたは、本当は県外の大学に進学して一人暮らしをしたいのですね。
それなら、学費と生活費がたくさんかかります。月8万円の奨学金だけでは無理でしょう。

学生は、各自の家庭事情を踏まえて、自分なりに学生生活をするための費用負担を考えているはずです。

「子どもの学費も払えないような親に奨学金についてとやかく言われる筋合いは無い」というような言葉は、言い過ぎです。

そして、「大学に全落ちしたら就職しろとも迫ってきたような親」は、たくさんいます。実際に大学を諦めて就職している人たちも少なくありません。

たぶん、あなたは比較的裕福な家庭の友達と比べて、自分はなんて恵まれないのだろうか?と無意識に思い込んでいるのではありませんか?
世の中には、親からの支援なしで、奨学金とアルバイト収入を頼りに大学へ進学している人もいます。だからあなたも・・・といういう意味ではなく、同じ学生でもそれぞれの家庭事情は違うのだということを理解してほしいのです。

とはいえ、あなたの通帳はあなたが管理すべきものです。

学費払えない親に奨学金使われた体験談3

質問

奨学金を親に使われてしまいました。もう心が持ちそうにありません。
私の家庭は生活保護です。
専門学校に進学し学費は払えそうにないので奨学金を借りました。
今年入学して前期の学費を納入する時期になり通帳を親に預けました。

たまたま通帳を見る機会があり中を確認すると本来入っている額の約半分しか入っておらず親に聞くと生活費に使ったと言われたのです。愕然としました。

どうやら学校の事務に分割してもらうように今度学校へ話に行こうと考えているようです。
私としては奨学金を借りていない人が分割してもらえるのはよく分かりますが
奨学金を借りている人で毎月振り込まれる奨学金を貯金していれば充分に期日内に支払えるのに分割してもらえるとは到底思えません。

せっかく頑張って勉強や検定などを頑張ったのに学費が払えず退学になってしまうのではと考えるだけで憂鬱です。
やはりこのまま分割は認められず退学になってしまうのでしょうか?
幼い時から目指した夢をこんな事で親に潰されてしまいたくありません。

回答

親は、生活費を抑える努力が必要なんだけど、指導しないケースワーカーの怠慢?

親に内緒で福祉事務所へ連絡しましょう。
担当になっているケースワーカーの名前を聞き出してください。
担当ケースワーカーにアポイントを取りましょう
家庭の事実を知ってもらってください。

真面目に対応するケースワーカーなら、あなたの事を考えてくれると思います。

いい加減なケースワーカーだったら「生活保護の世帯分離」について、尋ねてみてください。

生活保護から支給されていない奨学金を無断で使い込んだ場合は、収入申告の対象になる上、生活保護の不正受給になります事を、受給者の大半がご存知ではないと見受けられます。

親が学費を払えないならそれなりの対処を自分で考える必要がありますね。