私立高校の入学金を借り入れる方法は?体験談と解決策を




あなたは高校の入学金を借り入れることに悩んでいますね。
この入学するためには解決しなければいけません。
でもその問題を放置しておくとどんどん大変なことになります。

今回はそんな問題を解決した方々の体験談をお送りしますね。

行きたいなら自分で借り入れろ?体験談1

質問

私立の医学部に行くことは難しいことなのでしょうか?どうすれば親を説得できるでしょうか?

父が初代の小さな病院の開業医です。(父は国立卒)

父は「そんな経済的余裕はない。非医学部の私立ならまだしも、医学部は国立しか出せない。無理なら浪人しろ」
と言われました。

話をしても毎回、無理だ!と言われ、泣かされるだけになってきています…
開業医なので、金銭的には確実に不可能ではないと思います。
借金もすべて返済していると伺っております。

どのように何を話したら、親を説得できるでしょうか?

回答

親にとっても相当な負担になります。
地方自治体が募集している貸付制度を利用したとしても貸付が決定するまでには9月位までかかり実質、入学金と前期分の学納金は自己負担となります。

一時的に親に銀行借り入れをしてもらう方法があります。
現在の学資ローンは医学部も見据えて2000万ほどまでの枠が設定できるものもあり、6年間まで返済を据え置きすることができます。
医師免許を取得後に自分で返済するとの約束を交わすことができれば、自治体の制度と組み合わせることにより親の負担は限りなくゼロで医学部に通うことができます。
ただし学資ローンを申し込みするのには合格通知、もしくは在学証明が必要なため合格後に申し込みすることになります。
合格後の入学金納入期限に間に合わないため入学金に関しては親に用意してもらう必要があります。
受験勉強にお金の心配と大変だとは思いますが頑張って下さいね!

私立高校の入学金を借り入れるべきタイミングは?の体験談2

質問

中三 受験生がおります。

自身のレベルより少々高望みの公立高校を受験をチャレンジさせてやりたいと思いますが、失敗し、確約を頂いた私立に入学する可能性がやや高い状態となりました。

万が一私立となった場合、恥ずかしながら貯金が無く、銀行等から借り入れをし、
入学金を用意しなくてはなりません。

どのタイミングでローンを申し込めばいいのでしょうか。

公立の合否がわかった後で間に合いますか?

回答

私立で併願確約をもらって合格していれば、3月10日の公立発表日迄は入学金納入と入学手続きを待ってもらえます。

その併願で合格した私立の合格書類に、入学金と諸費用の納入期限が、必ず、重要事項として明記されています。
3月10日○○時迄とか3月11日○○時迄とかです。

万が一、忘れて手続きをしないと、辞退とみなされ合格が無かったものになります。
確認のうえ、早めに必要な金額を用意さらた方が良いです。

入学金の借り入れもできない?の体験談3

質問

息子の入学金を用意できない母子家庭の者です。

金融機関からの借り入れ以外で何か入学金を準備する方法はないでしょうか。

我が家は私と息子、娘の3人暮らしで、私は個人事業主でPC関連の仕事を6年ほど続けておりますが、病気がちなこともあり、収入は安定せず、生活は常に困窮しています。

しかし、親としては彼の夢を実現してもらいたいと願うばかりですが、どうしても、その夢を叶えるための第一歩に必要な入学金を準備することができません。

また、お恥ずかしいことですが、私には金融事を起こしてしまったことがありまして、金融機関からの借り入れは100%無理です。

金融機関以外に息子本人が借り入れる形のものもあるようですが、連帯保証人になれなかったらどうしようかとも心配しています。
また、親族もおりませんし、知人などからの借り入れも無理です。
息子本人が借り入れができる公的な借り入れ方法が何かありますでしょうか?
また、もしも、借り入れが出来る方法があった場合、連帯保証人が必ず必要かと思いますが、親がいわゆるブラックリスト者の場合、連帯保証人になれないので審査に通らないという可能性はありますでしょうか

回答

色んな奨学金がありますが、私は入学前に入学金等が借りられる奨学金は国の教育ローンしか知りません。

日本政策金融公庫 国民生活事業の各支店(全国152店舗)や最寄りの金融機関でお取り扱いする制度です。

保証人も保証金が別にかかりますが、保証基金 (財)教育資金融資保証基金(以下「基金」といいます。)は、「国の教育ローン」の融資を受ける際、連帯保証人に代わって融資の保証を行うことを目的に設立された公的な保証機関があります。

こちらなら、学生ご本人または他のご親族でもご利用いただける場合があります。

絶対に借りられるかは分かりませんが・・・。

私立高校の入学金は借り入れで払うことができますね。

間に合うように早めの手続きが大切ですね。